SaTerra公式オンラインストア 
を開設しました

SaTerra公式オンラインストア:
 https://saterra.stores.jp/

SaTerra 誕生ストーリー

こんにちは。SaTerra(サテラ)代表の天井美枝です。


私は20代の頃、フランス・パリでメイクアップアーティストをしていました。ファッション業界で活躍する方々の暮らしはとにかく不規則で多忙。その中でとても印象的だったのが多くの方が「暮らしを楽しむ」ことをとても大切にされていたことでした。
例えば撮影のランチ休憩には、美味しく栄養のバランスの整った、またニーズがあれば特別食(ベジタリアン食等)が用意され、全員で会話を楽しみ、休憩が終われば真剣に働く。またオフの日はしっかりと休み、好きなことをして楽しむことに貪欲でした。


そんな中、私は趣味と実益を兼ね、有機食材を買い揃えては心身を整える食事を作り、時に友人に振る舞うことに没頭しはじめ、内側から美しさにアプローチする方法を追求するため、ついにはオーガニックレストランで働き始めることになったのです。


日本に帰国後、東京のオーガニックレストランで働く中で様々な日本の食材に魅せられ、そこで「日本茶」に出会い魅了されるようになりました。


土地・茶葉の種類・栽培方法により異なるお茶の味・香り・水色(すいしょく・お茶の色のこと)、芸術や精神性で日本独自に発展したお茶文化、また何よりお茶は老若男女、国籍、様々な文化的背景に関係なく、世界中ほぼ全ての方が楽しめるものであるということに、無限の可能性を感じたのです。


世界中の人々に日本茶をもっと知ってもらうこと、また事業にするにあたり環境問題や人々の心身の健康に貢献することや、日本らしいシンプルで美しいものづくりをすることも必須でした。


やるからには何一つ妥協しない。


そうして生まれたのが、SaTerraです。

ブランド名に込める想い

SaTerra /サテラ/ 

Sa /サ/ : 
「茶」の音読み。
 
Terra /テラ/: 
1. ラテン語で「地球」の意。転じて「大地」「土地」も意味する。 
2. 「寺」の同音異義語。

-

ブランド名には、地球にとことんやさしいお茶ブランドでいられるように、またみなさまにとってお茶を淹れて飲む時間が、まるでお寺に訪れたときのような心穏やかな安らぎの時になるように、という想いを込めました。

このめまぐるしい現代社会で、ご自身のことはついつい後回しにしていませんか?

そんな頑張り屋さんな方々に、何にも誰にも邪魔されない「自分と二人っきりになる時間」を持っていただくため、また大切な人とゆったりと楽しい時間を過ごしていただくため、五感が喜ぶ、とっておきのお茶をご用意しました。私たちのお茶が、みなさまにあたたかで心地良い時間をお届けできることを願っています。

4つのこだわり



有機栽培茶葉へのこだわり

SaTerraのお茶は全て有機JAS認証を受けた無農薬・無化学肥料栽培の茶葉です。日本国内全体の茶葉の生産量のうち有機茶葉の割合はわずか4.58パーセント*。


その中でもSaTerraの茶葉を生産いただいている全ての茶畑は書いて字の如く「大自然」の中にあります。

例えば、福岡県や京都府の茶畑は全て山の頂に位置しており、その近隣には他に農業をされている方いません。そんな大自然を相手に、生産者様は毎日作業されています。


また鹿児島県の茶農家様は、茶樹が自然の中で力強く育つよう土作りに重点をおき、こだわりの自家製発酵肥料を毎年研究を重ね改良することをとても大切にされています。


いずれの生産者様も、「皆様に美味しく安全なお茶を届けたい」という大きな一つの想いから毎日大切に茶葉を育てていらっしゃいます。


世界中の方々にそのような茶葉お届けできることは、私たちの大きな誇りです。


*平成28年度農林水産省のデータに拠る。

環境へのやさしさに極限まで配慮

私たちは可能な限り、地球環境にやさしいモノづくりや商品の取り扱いに努めます。


有機農法そのものが環境に良いことに加え、可能な限り環境に配慮した素材を使用することにもこだわっています。


例えばティーバッグには植物デンプンを原材料に作られた、土に還る素材を使用しており、焼却時にも有害物質を排出しません。(熱湯で抽出しても有害物質が出ないので、デリケートな茶葉を安心して美味しくお飲みいただけます。)


また、プレミアムデザインボックスや各商品のラベルシールには「森のリサイクル」として世界自然保護基金(WWF)をはじめ、様々な環境保護団体に支持されているFSC森林認証紙を使用しています。

選び抜かれた茶葉

SaTerraではこだわり抜いた鹿児島県、福岡県、京都府の有機栽培茶をお取り扱いしております。


私たちが、全ての茶葉を有機栽培(無農薬・無化学肥料)に限定しながらここまでの美味しさを追求できるのは生産者様の毎日のたゆまぬ努力のお陰です。

例えば「有機栽培」という概念が生まれる前より無農薬栽培を開始されている鹿児島県知覧の農園様では、毎年自家製で作られている発酵肥料を、まず研究用の果物畑で試用し、その結果を受け更に改良を重ねた上で、茶畑に使われています。


また味や香りについては、SaTerra商品開発段階において日本各地の様々な茶葉の中から商品化を最終決定する際、日本、フランス、デンマークのレストランやパティスリーで活躍中の料理人やパティシエ、バリスタの方々にもご試飲いただきました。


どの茶葉も有機栽培で手塩にかけて育てられていることに加え、風味に富んでいることから、通常あまり手に入らない非常に希少性の高いものばかりです。

シンプルでストーリー性のあるデザイン

ロゴやパッケージなどのデザインは、日本らしいクリーンでミニマルな美しさを大切にしています。

また細部にもこだわりがあり、例えばプレミアムデザインボックスの紐の結び目は日本古来の「松葉結び」と呼ばれるもので、二本の葉の元がしっかりと繋がっていることから「離れ離れになることがない」という意味を持つ縁起物とされています。


年齢や性別を問わず愛されるよう、シンプルでスタイリッシュ、それでいてどこか柔らかさや温かさのあるパッケージデザインにこだわりました。

TEA SELECTIONS

有機プレミアム煎茶

鹿児島県知覧産の上級煎茶。
瑞々しさの中に、しっかりとした旨味を感じる逸品です。
爽やかな香りと、鮮やかな水色(すいしょく)も特徴的です。

有機ほうじ茶

福岡県うきは産のほうじ茶。
ナッツを炒ったような上品な香ばしさが口いっぱいに広がります。カフェイン含有量が少ないので、リラックスタイムのお供にもおすすめです。

有機玄米茶

京都府宇治産の有機玄米茶。
キレのある深い煎茶の風味と、炒り玄米の香ばしさが調和した、心も体も解きほぐされるお茶です。

*玄米は北海道、鹿児島県、宮崎県産のものを使用

有機抹茶入り水出し煎茶

鹿児島県知覧産の有機抹茶入り煎茶。
煎茶の爽やかさと抹茶のマイルドな風味が重なり合い、渋みの少ないやさしい味に仕上がっています。とろみを感じるまろやかな舌触りや青みの強い鮮やかな水色(すいしょく)も特徴的です。

水出しで美味しく飲めるように抹茶と煎茶をブレンドしていますが、お湯出しでも美味しくお飲みいただけます。

有機上級抹茶

鹿児島県産の上級抹茶。
香り・甘み・旨味・苦味のバランスが絶妙な、非常に希少価値の高い極上抹茶。抹茶の概念が塗り替えられることお墨付きです。

商品

プレミアムデザインボックス (茶葉60g / ティーバッグ15包)

環境に優しい素材を使用した美しい佇まいのプレミアムデザインボックスは、贈り物として、またインテリアの一部としてもお楽しみいただけます。また紐の結び目は「松葉結び」と呼ばれるもので、2本の葉の根元がしっかりと繋がっていることから「離れ離れになることがない」という意味を持つ縁起物とされています。

 - 

茶葉60g: 有機プレミアム煎茶、有機ほうじ茶、有機玄米茶、有機抹茶入り水出し煎茶
ティーバッグ15包: 有機プレミアム煎茶、有機ほうじ茶、有機玄米茶

ジッパー付きスタンドパウチ (茶葉35g* / ティーバッグ10包)

新鮮なうちに飲みきっていただきやすいサイズ。自立するジッパー付きのパウチに入っているので使いやすく、また湿気や直射日光から茶葉を守ります。ご自宅用にも、気軽なプレゼントとしてもぴったりです。

 -

茶葉35g*:  有機プレミアム煎茶、有機ほうじ茶、有機玄米茶、有機抹茶入り水出し煎茶(*こちらのみ30g)

ジッパー付きスタンドパウチ(抹茶パウダー)

ありそうでなかった、ジッパー付きパウチ入り有機上級抹茶。そのままお使いいただくもよし、お気に入りの棗(なつめ)に移してお使いいただくもまたよし。上級抹茶を日常生活に取り込むことで、いつでも上質な時を楽しんでいただけるように、使いやすさにもこだわりました。

 - 

ジッパー付きスタンドパウチ入り(パウダー30g): 有機上級抹茶

NEWS AND EVENTS

2019/9/19-25
【EVENT】東急百貨店たまプラーザ店にて1週間SaTerraコーナーを特設し、展示販売および試飲イベントを開催いたしました。


2019/9/7,8
【EVENT】HP FRANCE主催ラフォーレマーケット(於:ラフォーレ原宿)に出店いたしました。


2019/9/4-6
【EVENT】HP FRANCE主催 rooms39に出展いたしました。


2019/8/30
【EVENT】フランス人アーティストJohanna Tagadaを中心とするアーティスト集団Poetic Pastelの共同展覧会”Tea Today”のレセプションパーティー(於:Nidi Gallery)にて、日本茶のケータリングおよび展示販売をいたしました。


2019/8/24
【EVENT】Muveilの中山路子氏が手がける「M」の年間企画展「引き継ぎたいもの」のレセプションパーティーにて、日本茶のケータリングおよび展示販売をいたしました。


2019/8/2-12

【EVENT】西武池袋本店4F特設会場にて12日間の期間限定POP UP SHOPを出店いたしました。
展示販売およびワークショップ(計9回開催。ほぼ全回で満員御礼)を開催いたしました。


2019/8/1
【NEWS】ブランド名をtokyo TEA storyよりSaTerraに改めました。それに伴い、ロゴ、商品、その他諸々をリニューアルいたしました。


2019/6/2
【EVENT】FUDANGI vol.1 (落語×日本茶×ヴィーガンフード)  を主催いたしました。


2019/05/25,26

【EVENT】LAFORET Market(ラフォーレ原宿ミュージアム)に出店及びワークショップを開催いたしました。


2019/03/27〜29
【EVENT】BATOMA vol.14 CHRISTMAS(ラフォーレ原宿ミュージアム)に出展いたしました。


2019/03/21
【NEWS & EVENT】HAY CAFE presents 「春のお茶会」with tokyo TEA storyを開催いたしました。また、同カフェにて商品のお取り扱いが開始されました。詳しくはこちら


2019/03/11〜14
【EVENT】SAGAN Vienna TOKYO SHOWROOM、及びレセプションパーティーにて日本茶のケータリングをいたしました。


2019/02/10
【EVENT】ベルリンのCafe Kraftにて開催されたfood & music event ”Dinner & Ambient"に協賛いたしました。


2019/01/25
【EVENT】コペンハーゲンのQuiet Zoneにて開催された茶道イベントに参加いたしました。


2019/01/23
【EVENT】パリにて、初のポップアップイベントを開催いたしました。詳しくはこちら。


2019/01/18〜22
【EVENT】パリMen's Fashion Week期間中、Jan Jan Van Esscheが手がける "O Project" のショールーム、及びレセプションパーティーにて日本茶のケータリングをいたしました。詳しくはこちら。


2018/11/18
【EVENT】コペンハーゲンのAtelier Septemberにて開催されたディナーイベントGAIA'S ATELIERに参加いたしました。詳しくはこちら

お取り扱い店

お取り扱い店舗
HAY CAFE TOKYO 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1

・カフェでのお茶の提供
・SaTerra商品の販売
ODEONS COFFEE
& GALLERY
東京都港区麻布十番1-4-8 麻布永坂ビル 1F

・コーヒースタンドでのお茶の提供
・SaTerra商品の販売
To Tsai
(ギリシャ・アテネ)
Al. Soutsou 19, Athina 106 71, Greece
Online shop: https://tea.gr/en

・店頭およびオンラインショップでのSaTerra商品の販売

HAY CAFE TOKYO 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1

・カフェでのお茶の提供
・SaTerra商品の販売

運営会社

企業名
合同会社Celeste
創業
2018年11月
設立 2019年3月
資本金 150万円
決算期 7月
オフィス 150-0012
東京都渋谷区広尾5-4-12大成鋼機ビル4F
電話番号
03-4500-8586
オフィス 150-0012
東京都渋谷区広尾5-4-12大成鋼機ビル4F

SNS

お問い合わせ

商品のお取り扱い、取材のご依頼等は下記フォームよりお問い合せください。


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信